一人暮らしをより快適に!賃貸物件探しのポイントをしっかりおさえましょう!

一人暮らしの賃貸物件の探し方

>

内見で何を確認するかでその後の生活が決まります

本当に必要な条件がそろっているか

どうしてもここは譲れないというポイントは誰にもあり、その内容は人それぞれです。
しかし内見で重要なのは、住居としての質をチェックするところにあります。

一人暮らしの場合は、家族生活よりも物は少なくなります。
とはいえ、適度な収納スペースは必要ですので大きさと設置場所を確認するのが大切です。
収納家具を必要とするなら、部屋に入れられるかどうかドアサイズを測っておくのも重要です。

意外と見落としがちなのが、壁の薄さです。
壁が薄い部屋ですと、隣人の生活音が気になってトラブル発生の元にもなりかねません。
まして女性の一人暮らしなら、プライバシーが隣人に漏れているような気がして不安になります。

その他にも、部屋の湿気や傾きなど、注意しなければならない点は色々あります。
自分が気持ちよく生活できる空間かどうか、細かい部分にも気を配って内見に臨みましょう。

周囲の環境にも注意を配る

内見に行って、物件の内部だけを見て終わってしまうのはもったいないです。
周囲の状況を確認して、自分が住む環境としてどうなのか考えるべきです。

駅に近いのは、便利な反面騒音に悩まされることも考えられます。
一人暮らしなら、交番や病院が近くにあるといざというときに心強いです。
自分が頻繁に利用したいお店が周辺にあれば、充実した生活を送れます。

周りにどのような人たちが住んでいるのかも、重要になってきます。
学生が多いのであれば、にぎやかですがマナーが心配になります。
住宅街だと、落ち着いてはいるもののご近所付き合いが大切になる可能性もあります。

何事にも、長所と短所はつきものです。
自分が納得して生活できる環境を、自分の目で確認して決断しましょう。


この記事をシェアする